とらうべん(画廊) 大西平夫画伯

画像よりも、やはり生で見て欲しいですね。情熱的でなおかつ繊細でまた、毎日拝見させていただくと、気迫さえも感じてしまいます。

赤い屋根(ベネチア)

IMG_0545.jpg


ピエロ   (外人さんのピエロ チャーミングですね)大西画伯の携帯の待ち受け画面は、全く違うピエロで、ど迫力と茶目化をあわせもつ・・・言葉が出ずただ驚いてしまいました。(やはり芸術家さんですね。)

IMG_0590.jpg

マダム  (フランス)やはり「カッコイイ!」ですね。テーブルの上のおくにあるグラスにはワインが、朝からですって!
IMG_0550.jpg


赤い屋根  (ベネチア)IMG_0557.jpg

「ピエロ」 「マダム」2つの作品を拝見して感じた事は、生きて行くのに「力まなくていいんだよ、リラックス、リラクッス、ありのままの自分で、自分らしくその中に1本筋が通っていれば・・・」そおう思えてなりませんでしたし、生き方の「こつ」を、作品を通じて教えて頂いたような気がします。大西画伯ありがとうございました。

スポンサーサイト

とらうべん(喫茶)

クレマチス  あら不思議!1本の茎から2つの色違いのクレマチスが・・・。IMG_0586.jpg


今年も沢山の花びらがついてくれました。、愛情を傾けてあげるとちゃんとこたえてくれます。IMG_0587.jpg

芝桜も元気いっぱいに咲いてます!嬉しいですね。IMG_0588.jpg



とらうべん(喫茶) 春の訪れ

ようやくふきのとうが、顔をだしてくれました。テーブルの金魚も寒さに耐えてくれました。坪庭のクリスマスロウズが久々に咲いてくれました。これからお庭も日々変化していきます。自然の力ってすごいですね!、


[広告] VPS

とらうべん(喫茶)

色々あるお昼のランチから、今日は1つ紹介致します。

IMG_0579.jpg

蒸し寿司 (全て、まずは「おだし」が基本です。そして時間と手間を惜しまず、「ことこと・・・」体に優しいお母さんの味、懐かしい味、食べてみて下さい。)

とらうべん(画廊) 油絵展 大西平夫画伯

街角  (トルコ)

IMG_0591.jpg




街  (カッパドキア)

IMG_0553.jpg

赤い屋根 (ベネチア)  

IMG_0557.jpg

「外国は、いいなあ~、日本と又違うおもむきがある。日本も好き。でも絵になるのは外国の風景、何とも言えない!気のおもむくままに・・・(大西画伯は、イタリア、フランス、スペイン、オーストリア、トルコ・・・・外遊)。また行きたい!
・・・
気の向くまま、そう、もしかして明日外遊されるかもしれませんね。

今日も,沢山のお客様においでいただきました。大西画伯のお身内の方々もかわるがわるおいで頂きありがとうございました。

イベント 三木パリ祭 舞台創り (7月5日土曜日・・もうすぐですね)

IMG_0576.jpg

歌い手さん、プロのゲストの歌手の方々の為の、バックステージが着々と出来上がってきています。職人さん達は、お陰さまで仕事の発注に追われ、応援所ではなく会長一人ぼっちで、お母さん(会社の皆が奥様のことをそう呼びます。)にお弁当作ってもらって会社の工場に向かいます。事務所に帰ってくる頃には、もうグッタリ!!今日は、接骨院へ体のメンテナンス・・・・。御苦労さまです!(大阪のとある会社の社長さんが、私は、ステージを楽しみに毎年「三木パリ祭」来させていただいております。)この言葉にすがる(?)思いで、からだに鞭打って休日返上でがんばっていま~す。頭がさがります。   三木パリ祭、「チケットの発売」とらうべんでも受けたまわって居ります。

とらうべん(喫茶) お昼のランチ 2度サンド(亜麻の実パン)

IMG_0438.jpg

とらうべんの新メニュー「2度サンド」 1度めは、パンの中の「野菜のホワイトシチュー」を食べていただき、2度めは、「パンにしみ込んだシチュウの味のパン」を食べて頂く、そして「パン本来の味も食べて頂くために、(手前に盛ってある)パン生地を焼いてあります」1度に2度楽しみながら味わえるメニューです。
亜麻の実とは 
(アマニ油・・大手デパートで売られている高価な油です。)
       ・・・植物繊維は、ごまの2倍!デドックス効果で若返り。老化防止。
       ・・・強力な抗酸化作用をもち体内の活性酸素(病気のもととなる)を除去します。
       ・・ ・・オメガ3(100gあたり)ゴマの120倍以上(青背の魚に多くふくまれる必須脂肪酸)
       ・ ・動脈硬化やアレルギーなどの予防に効果的とされています。
亜麻の実の歴史は古く、エジプトから始まりその後、ヨーロッパ全域に広がり特にフランスでは、国が民に、「亜麻の実」を食べるように推奨したのは、9世紀頃だといいます。17世紀頃にはカナダ、アメリカでも栽培が盛んになりいまでは欧米を中心に健康な食生活に欠かせない「ミラクルフード」と呼ばれて親しまれています。

上記の栄養価の高い「亜麻の実」を練りこんだ「自家製パン」は、2年の歳月を経て、試行錯誤の連続の末、やっとお客様にも喜んでいただけるように成りました。これからも尚一層の努力を重ねてまいります。まだ召し上がっていらっしゃらなければ是非、1度、たべて頂ければと思っております。野菜のホワイトシチューも全てじっくり時間をかけて作らさせていただきました。とらうべんのメニューは、手ずくりを基本にしております。

とらうべん(画廊) 油絵展 大西平夫画伯

1966年
 鈴木清一氏に師事する。

「先生に会うのが楽しみで、7年間通ったなー。」遠くを見ながら、その時を思い出したかのように、うっすらとほほ笑みながら、大西画伯はお話して下さいました。「人柄に惹かれて、上手は言わないが、先生がおるそれだけで・・・・」    
乗鞍高原
IMG_0554.jpg
アザミ
IMG_0555.jpg

IMG_0551.jpg

大西画伯の「画集」には、よくお嬢様が描かれています。「20歳になったから、描こうかー。」・・・自然体ですね。作品を見る時は、「見る人の感性で良いんですよ。」とも、おっしゃいました。「あさやけ、夕焼け」のお話をしてたら、「夕焼けが好きやねん!学校にいる時いつも見てた。いつも一緒。」こんな先生に教わりたかったです。かつての教え子の皆さん方はもちろんのこと、現在の門下生の方々も沢山お店にも立ち寄られて、ランチやコーヒーを召し上がって下さいます。ありがとうございます。

とらうべん(画廊) 大西平夫画伯の略歴

  略歴
1944年  明石市二見町に生まれる

1963年  兵庫県立兵庫工業高校建築科卒業

1963年  三菱重工業神戸造船所入社

1966年  三菱重工 木曜会(サークル)入会

        鈴木清一に師事する


1969年  新協美術会に出品 入選
        横山義雄に師事する
1970年  三菱重工業神戸造船所退社





1972年   加古川市立小学校教諭(図工専科)採用される



1975年  第18回新協美術展受賞
        会友推挙
1977年  明石、加古川、姫路にて個展、グループ展、開催

1978年  第21回新協美術展 会員推挙 日本美術選賞をうける





1990年  スペイン外遊

1991年  加古川総合文化センターにて個展




        





2002年  イタリア外遊
       第45回新協美術展 委員推挙
       
2005年  定年退職

2005年  加古川総合文化センターにて個展

2010年  松風ギャラリーにて個展

2011年  フランス、オーストリア、トルコ、外遊

  現在   新協美術会委員 加古川市美術協会理事 


       
 


 

とらうべん(喫茶)  お庭

IMG_0565.jpg

IMG_0567.jpg

IMG_0570.jpg


IMG_0571.jpg

如何でしたでしょうか?まだまだ、色々みて感じて頂きたく思っております。「コーヒー」の味もまた格別です。皆さまのおこし心よりをお待ち致しております。
プロフィール

itumonikkori

Author:itumonikkori
(株)ダハイム
1985年創業
住宅、店舗の新築、
リフォームの設計
施工。

併設:画廊喫茶  
   とらうべん
電話:(0794)
    85-4835

イラスト地図
クリックすると大きく見えます
とらうべんイラスト地図
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
リンク
検索フォーム